足の速さが命!信用取引で無用なコストをかけないために

信用取引は現物取引以上のコストがかかる

信用取引は、株取引において利益を出すチャンスを増やしてくれます。しかしその反面、損失を出す可能性も増えるため、その運用には細心の注意を払う必要があります。また、信用取引は独特の仕組みで現物取引よりもコストがかかるため、結果損失以上の金額を支払わなければならずに委託証拠金を大きく損なうことになりかねません。しっかりと信用取引の特質を理解して、どのようにすれば無用なコスト増を回避できるのかを把握しておきましょう。

信用取引の建玉は証券会社からの借金

信用取引で使う株は、いわば証券会社から借金したものです。そこには借金と同じような、返済期限などの制約がかかります。また絶対に忘れてはいけないのが、信用取引で建玉すると日割りで金利がかかるということです。決して暴利ではありませんが、長期間信用取引の建玉を保有しておくと、それだけでかなりのコストがかかってきます。信用取引での利益が金利で吹き飛ぶくらいなら良いのですが、塩付けで膨らんだ損失に加えてかなりの金利を支払わなければならないとなると、もはや目も当てられません。

信用取引は短期運用でコスト増を抑える

信用取引で金利がかからないようにするためには、可能な限り信用取引の建玉を保有する期間を短くすることが肝要です。証券会社の中には、デイトレードであれば金利がかからない所も多くあります。信用取引においては自分の予想通りの動きが見られなかった場合は、手早く手仕舞いするようにすれば、無用なコスト増を避けることができます。しかし、利益が出ない取引を頻繁に繰り返すと、今度は手数料がかさんでしまいます。しっかりと相場観を養って、信用取引においては手早く利益を出してすぐに手仕舞いする姿勢を保持するべきでしょう。

信用取引では、持っていない株式を証券会社から借りて株式市場で売却し、安く買い戻すことで利益を得ることができる空売りという売買方法があります。