転職に有利なオススメ資格3選!これは絶対取得しておこう!

ビジネス英語の資格と言えば「TOEIC」

ビジネス英語のスキルを計る試験として有名なTOEICは、ほとんどの企業で英語力の参考とされる試験で、転職の際にはTOEICスコアを求められる事が多いです。TOEICは基本的にスコアによる評価基準なので、級や合格、不合格がなく点数の大きさで実力が評価されます。そのため継続的にTOEICの試験を受けながらハイスコアを目指していくことがオススメですよ。社内での評価のためにも是非TOEICのハイスコアを目指しましょう。

いろいろと役に立つ「宅地建物取引主任者」

宅地建物取引主任者は長年人気の国家資格で、主に不動産に関わる売買や仲介などに必要になる資格です。資格をとるならまずこれからとるべきと言われる程メジャーな資格で、転職の際には非常に有利になります。勉強もしやすく、この資格を取ってから他のFPなどの資格を取る方法がオススメですよ。企業の中にも保有者がたくさんいるので、勉強のコツやアドバイスをしてくれる人が見つかり易いのも魅力的ですよね。是非チャレンジしてみましょう。

社会保険にまつわるプロ「社会保険労務士」

社会保険労務士は、労働に関する保険知識や年金など、あらゆる社会保険にまつわるプロフェッショナルです。この資格を持っていると、それだけで転職が有利になり、給与や待遇面でも優遇される可能性が高くなります。資格を持っているだけで優遇されるなんて、とても嬉しいポイントですよね。人事労務や営業職の方には特にオススメの人気資格です。労務士としての仕事もできるので、とても魅力がありますよ。是非みなさんも取得を目指してチャレンジしてみましょう。

基本情報技術者の試験に挑戦をする時には、予備校などを利用することで、しっかりと対策を立てることが出来ます。