しっかり押さえて!ファイナンシャルプランナーの資格の取り方

まずは勉強方法を選ぶ

最近では住宅ローンや保険の見直しの際に活躍する職業として、ファイナンシャルプランナーが注目を浴びています。そのため資格取得を検討する人も多いですが、次のようなポイントを押さえながら学習することで資格取得を簡単に行うことができます。まず押さえておきたいのが勉強方法です。基本的には独学がスクールに通う、もしくは通信講座などを利用することになりますが、それぞれのメリット及びデメリットを知っておくことで、自身に合った方法を選択することができます。

独学のメリット及びデメリット

独学で資格取得を狙う場合、重要なのがスケジュールです。自身の中で目標を定め、それに合わせて学習を行うことで効率よく学ぶことができます。また自身のペースで学習できるため、柔軟に対応しやすいのもメリットの一つです。ただししっかりとスケジュールを定めておかないと学ぶことが難しい点や、膨大な参考書の種類から自身に合ったものを選ぶ必要があり、場合によっては複数の参考書を活用しなければならないといったデメリットも存在します。

スクールのメリット及びデメリット

スクールに通うことで学ぶ方法もあり、授業形式で進む場合がほとんどなため、項目ごとに集中して学ぶことができます。特にファイナンシャルプランナーのような広範囲の知識が必要な資格の場合、スクールに通うことで自身の苦手な項目であっても効率よく学ぶことができます。ただし高額な学費が必要となる点や、授業を欠席した際の対策などをどうするかについては考えておかねばなりません。上記の方法を使い分け、ファイナンシャルプランナーの資格取得を狙うことをお勧めします。

ファイナンシャルプランナーの講座を利用することで、個人資産に関するノウハウを理解することが出来ます。